ファイテンの商品を実際に購入し、効果を検証!

ファイテンのネックレスをつけてお風呂やサウナに入っても大丈夫?洗い方は?

Yahoo!知恵袋を見ているとファイテンへの疑問、質問がたくさんありました。

中でもファイテンの商品をつけたままお風呂に入っても大丈夫なのか?という質問が目についたので、毎日ファイテンのネックレスをはじめ、ファイテン商品を身につけている管理人アニマルが代わって回答しようと思います。

ファイテンのネックレスをつけたままお風呂に入ってはいけない?身体に悪影響がある?

ファイテンのネックレスにはたくさんの種類がありますが、簡単に答えると大丈夫です。

もちろん身体に悪影響はありません。

ただネックレスによっては劣化を早めることになるために、外すことをお勧めします。

ファイテンのネックレスにはたくさんの種類がありますが、最もメジャーなRAKUWAネックX50は芯の部分はシリコンでできているのですが、外側は布で覆われているために、水やお湯に頻繁に濡れると劣化していきます。

またお風呂に入ればせっけんやボディソープ、シャンプーを使うと思いますが、ネックレスのジョイント部分や表面の布に洗剤が付着したままになることも考えられます。

そうなれば劣化が早まるばかりでなく、衛生的にも良くないでしょう。

ネックレスの種類によっては数珠状になっているものや、チェーン状になっているものもありますので、洗剤をキレイに洗い流せるとは限りません。

従ってお風呂に入る時はネックレスを外す方が良いということになります。

シリコンタイプなら水に濡れることを前提に作られているし、洗うのも簡単なので、どうしてもネックレスをつけたままが良いと思う方はシリコンタイプをお勧めします。

ブレスレットはほとんどがシリコンタイプですが、いくつか布タイプもあるのでネックレスと同様に考えて問題はありません。

ファイテンのネックレスをつけたままサウナに入っても大丈夫?

サウナに入る時はファイテンのネックレスやブレスレットは外しましょう。

製品が劣化するとか壊れるというよりも、ネックレスやブレスレットが高温になることによって、やけどをしてしまう恐れがあります。

RAKUWAネックX50を例にすればジョイント部分はポリアセタールという素材で、簡単に言うと熱に強いプラスチックです。

熱に強いのでサウナに入ったからといって溶けたりはしないでしょうが、布部分に比べて熱くなることは考えられますし、X100シリーズは留め具の部分は金属でできているものがほとんどなので、かなり熱くなるでしょう。

シリコン対応も同様にサウナの中に入ればかなり熱くなり、ヘタをするとやけどしてしまうかもしれません。

サウナにはネックレスやブレスレットは外すことをお勧めします。

ファイテンのネックレスの洗い方は?

シリコンタイプを洗うのは簡単なので、ここでは布で覆われているタイプの洗い方をご紹介します。

メーカー推奨の方法

汚れた場合は洗濯用中性洗剤をご使用いただき、水またはぬるま湯で手洗いしてください。
洗った後はタオル等で水分を拭き取り、陰干しで自然乾燥してください。

※商品の劣化を防ぐ為、洗濯機のご使用はお避けください。
水に濡れても働きが取れることはありませんが、繰り返し水に濡らす・洗うことで素材(生地等)の劣化が進む可能性があります。

※ファイテン公式サイトより

このようになっていますが、それほど神経質になる必要はないです。

私はけっこうゴシゴシ洗っていますが、多少のことでは壊れたりしません。

一応ネットには入れましたが、洗濯器で洗うこともありますが、今でもちゃんと使えます。

ただ5年も使えば表面の布が固くなってきてゴワゴワ感はありますが、効果は変わりません。

まとめ

ファイテンのネックレス、ブレスレットをつけたままお風呂に入っても大丈夫だが、外した方が長持ちするし衛生的です。

サウナに入る時はネックレスは必ず外しましょう。

表面が布製のネックレスは中性洗剤で洗うのがお勧めです。

関連記事