ファイテンの商品を実際に購入し、効果を検証!

ファイテンの楕円形メタックステープの実力は?~使用した感想と評価~

ファイテンのロングセラー商品のひとつに「P」のマークの丸いテープがありますが、今回ご紹介するのは楕円形のテープです。

メタックステープと言い、ファイテンの社長が直々に自信を持って勧める「どえりゃあ効く」新発売のテープです。

メタックステープ写真

確かにテープにはMETAXと書いてありますね。

聞くところによると、今までの丸いテープ「パワーテープ」よりも「メタックステープ」の方が格段に評価が高いということです。

▶▶ファイテン公式サイト内メタックステープ

それではなぜメタックステープの方が評判が良いのか?

パワーテープとどう違うのだろう?

楕円形にはどういった秘密があるのか?

メタックスというネーミングの意味は?

などなど、疑問が止まらなくなった管理人はその疑問を解消するために実際に商品を購入し、使ってみることにしました。

 

「メタックス」というネーミングの意味は?

メタックスというのはファイテンの造語です。

METAL(金属)をMIXさせたもの。

2種類以上の金属をミックスさせたものがメタックスという商品名の由来だそうです。

ちなみにメタックスクリームというボディケアクリームも、2種類以上の金属がミックスされた成分となっていますね。

従来品の丸いテープ(パワーテープ)はチタンを水溶化させたもの(アクアチタン)を採用していましたが、今作のメタックステープはアクアチタンとアクアパラジウムを採用しています。

x30とメタックス

従来のパワーテープとの違いは?

丸いテープとの違いは素材と形状です。

パワーテープは粘着面に炭化チタンがコーティングされていましたが、今作のメタックステープは粘着面には炭化チタンと各種鉱石がコーティングされ、さらに表生地にはアクアチタンとアクアパラジウムが含浸されています。

メタックステープの場合は撥水加工されているために、お手洗いやシャワーも平気ですね。

比べてみると分かりますが、パワーテープよりも一回り大きいです。

そして楕円形をしています。

どうやら楕円形にすることにより、指に巻きやすくなっているようです。

ですが・・・

実際に指に巻いてしばらくすると、両端からゆっくりと剥がれてきそうになります。

スポーツをして汗を掻いたからかも知れませんが、指のように細い部分に貼ると剥がれやすいのかなと思いました。

という訳で、指に巻くことをメインに考えての購入はお勧めできないかなと思います。

しかしメタックステープの高いポテンシャルの前にはそんなこと気にならなくなるでしょう。

その理由は・・・

メタックステープの使い方

メタックステープには特別な使い方がある訳ではありません。

パワーテープ同様、気になるところにポチッと貼るだけなのでとても簡単です。

気になるところとは、肩ならコリのあるところ。

脚なら張りを感じるところ。

腕なら痛みを感じるところといった具合です。

参考までに私の写真をご覧下さい。

腕の気になるところに

メタックス腕にテープ

 

50肩が気になる方には

メタックス肩にテープ

このようにあまり難しく考えず、気になるところに貼るだけです。

できれば1個だけでなく、2~3個をまとめて貼ると効果を感じやすくなりますよ。

※写真は女性プロボウラー酒井さんの寝違えた首にメタックステープを貼るファイテンの社員

メタックスと酒井さん

 

割と集中して貼っていますね。

 

メタックスと酒井さん2

酒井さんは張ってしばらくすると痛みがずいぶんマシになって首が楽になったと言っていました。

私の場合は腕に貼った時に効果を感じましたね。

酷使する右腕はいつもだるさを感じているのですが、メタックステープを貼っている間は腕のだるさを感じなくさせてくれます。

貼った瞬間に効く!という感じでは無く、貼ったことを忘れた頃に

「そういえば腕のだるさが消えた!?」

といった感覚です。

メタックステープは後でしっかりと効いてくるという特徴があるのかな?と思いましたね。

ファイテンの社員の方も、身体になじむまでに時間がかかるというような説明をされていました。

 

メタックステープの感想と評価

私は今までパワーテープX30 を愛用していましたが、メタックステープに乗り変えてもいいかなと思うようになっています。

なぜならパワーテープに比べて格段に効果を感じるからです。

価格的にはパワーテープX30の約2倍ですが、テープの面積はメタックステープの方が大きく、何よりも身体への効果は大きいと感じます。

私は主に腕のケアに使いますが、貼った部分の筋肉が柔らかくなるのが分かります。

びっくりです。

え?こんな簡単に筋肉が柔らかくなるの?

と、正直びっくりしました。

というのも、筋肉が緊張状態にあると、筋肉は硬く張ってしまいます。

筋肉に張りがあるということは筋肉に柔軟性がないということ。

例えると古くなったゴムのような状態です。

古くて硬いゴムは強い力で引っ張ると切れてしまいますよね。

切れないまでも、筋肉が硬い状態で収縮を繰り返すと腱に負担がかかります。

これが肘の痛みとなって症状に現れるという訳です。

肘の痛みを根本から解消するためには、硬くなった筋肉に柔軟性を取り戻すことですが、それが貼るだけで叶ったところに私は驚いたのでした。

先に書いたように、私の場合はメタックステープを貼ると、貼った箇所の筋肉が柔らかくなるのがハッキリと分かります。

ファイテンの他のテープよりもハッキリと実感できるため、メタックステープは効果が高く、乗り換えようと思ったのです。

ファイテンの社長曰く・・

「どえりゃあ効くから、まあ使ってみて下さい!」

最初に聞いた時は正直、

「え~・・ホントに~?」

くらいのものでしたが、今では

「コレ、買いですよ!」

と言っているのですから私もゲンキンなものですね。

▶▶ファイテン公式サイト内メタックステープ

関連記事