ファイテンの商品を実際に購入し、効果を検証!

ファイテンメタックスローションのレビューとボディケアに使うべき理由

ボディケアのために、ファイテンメタックスローションを購入しました。

ファイテンの塗るボディケア人気商品のメタックスクリームのローション版です。(▶メタックスクリームのレビュー記事)

メタックスクリームは私にとって非常に満足度の高い商品で、今も愛用していますが、ローションタイプが新しく発売されたということで興味が湧き、今回はメタックスローションを買って使ってみることにしました。

メタックスのローションタイプはクリームとどう違うのか?

使い方に違いはあるのか?

コスパはどうなのか?

詳しくレビューしていきます。

メタックスローション5

メタックスローションの使い方

ボタンを1プッシュすれば適量のローションが出てきます。

出てきたローションを塗りたい箇所に塗り広げるだけなので簡単です。

メタックスローション4

いや、塗り広げるというよりも、「ス―ッ・・」と伸びていくという感触です。

クリームタイプとの大きな違いはココですね。

クリームタイプのメタックスクリームは適量を指ですくってマッサージしながら身体の気になる箇所に塗り広げていきましたが、ローションタイプのメタックスローションは肌につけるとスルスルと勝手に広がっていく感じです。

ただこのように書くと液体なのかと思う方もいるかもしれませんが、ジェルと液体の中間といった感じです。

メタックスローション3

指の間から流れてしまうほどの液状ではありません。

手のひらに出して逆さまにすると、3秒くらいで手から滴り落ちるくらいの粘度です。

私の場合は腕に塗るのですが、1プッシュで右腕の全てを塗り広げることができるほど均一に広がっていきます。

塗ると爽やかな香りが広がってリラックスした気分になれますね。

首や肩、脚などに塗る時もサッと塗れて楽に広がってくれるので簡単です。

というか、首とか肩だけというよりも「全身」に塗って欲しいです。

ファイテンの社員の方にメタックスローションを塗るタイミングを聞く機会があったので、直接聞いてみました。

その方はトライアスロン日本代表になったことのある方で、ボディケアの専門家です。

ボディケアのプロが言うには、

①お風呂上がりに服を着る前に、ポンプを2回シュッシュッと押してメタックスローションを手に取る

②手に取ったメタックスローションを全身に塗り広げる

「とっても簡単にボディケアができるので、毎日の日課にして欲しいです」

と言っていましたよ。

▶▶ ファイテン公式サイト内メタックスローション

 

メタックスローションの特徴とコスパについて

身体のどこかに不調を感じている全ての人にお勧めできます。

またランニングやエアロビ、フットサル、テニス、ゴルフなど、スポーツをする全ての方にもお勧めです。

なぜならメタックスローションに限らず、ファイテンの商品は身体が不調を起こしている箇所に対し、本来の正常な状態に戻す加工を施されているからです。

その加工とは生体電気を整える加工のことですが、ファイテンの特殊加工が身体に流れる微量な生体電気を正しい流れに戻してくれます。

生体電気と体調の関係とは?

身体に不調を感じる箇所は、何らかのストレスがかかっています。

ストレスがかかると生体電気が乱れ、その結果が痛みやコリとなって身体に現れるのです。

ファイテン加工をされた商品を身につける(塗る、貼る)ことによって、生体電気が整うために、身体の痛みやコリが解消されます。

私はたくさんの種類のファイテン商品を使っていますが、貼るだけ、塗るだけ、つけるだけで効果を感じるのでとても助かっています。

メタックスローションを手に取り、リンパを優しくマッサージしながら塗ることによってリンパの流れが整い、身体の疲労の回復も早くなり、免疫力は上がり、むくみの解消にもつながるでしょう。

コスパに関しては、メタックスローション詰め替え用が用意されているので、2回目以降は詰め替え用を購入すればかなりお得になります、

私はボトルタイプ(480ml)を購入しましたが、

メタックスローションはワンプッシュでかなり広範囲に伸び広がるために、毎日全身に使ってもホントに減る気配がありません。

ボトルタイプでも余裕で半年くらいは使えそうです。

詰め替え用(1000ml)なら1年くらい使えそうですね。

コスパは抜群に良いと言える商品です。

メタックスローションの欠点は?

メタックスローションは塗るタイプのため、水や摩擦に弱いことが欠点だと言えるでしょう。

大量に汗をかいたり雨に濡れると塗ったローションは流れていきます。

また、身体と服がこすれる部分に塗ったローションは拭きとらてしまいます。

対策というものではありませんが、私の場合はスポーツの後、シャワーを浴びた後に塗り直すようにしています。

塗るタイプの弱点は「水」ですね。

 

メタックスローションのラインナップ

メタックスローションには持ち運びに便利な小さいボトル(120ml)と、自宅への据え置きタイプの大きいボトル(480ml)があり、

さらに詰め替え用(1000ml)があります。

私のようなヘビーユーザーには詰め替え用が用意されているのはありがたいです。

メタックスローション3タイプ

▶▶ ファイテン公式サイト内メタックスローション

 

メタックスローションでボディケアをする

スポーツをしているあなたに質問します。

「ボディケアをしていますか?」

ほとんどの方は自信を持って「ボディケアをしています!」と回答できないのではないでしょうか?

なぜなら私たち一般人のほとんどの人はボディケアについての知識を持っていないからです。

ボディケアと一口に言ってもそのやり方は様々ですが、要するに

・スポーツで使うための身体を日常から作っているか?

・スポーツで使った身体をメンテナンスしているか?

ということですね。

「私はいつもウォーミングアップに30分かけていて、スポーツ後のクールダウンとストレッチは必ず行い、最低週に1度はマッサージをしてもらっています」

と胸を張って言える人は良いのですが、ほとんどの人はこんな感じではないでしょうか?

スポーツ前にグルグルと肩を回し、首をコキコキと鳴らした後、

「さあ~いっちょやるか!」

なんて言いながら動き始めるのではありませんか?

スポーツ後のストレッチの必要性さえ感じていない人がとても多いと思います。

スポーツの前にウォーミングアップをしないとケガをする可能性が高くなります。

スポーツの後にはストレッチをしないと筋肉が硬くなり、疲れも残りやすくなります。

ホントは薄々は分かっているんですよね。

やらないといけないな・・

やった方が良いんだろうな・・・ってね。

そんなあなたにこそファイテンのメタックスローションを使って欲しいと思います。

メタックスローションならお風呂上がりに30秒もあれば全身くまなく塗ることができます。

ウォーミングアップやストレッチはもちろん行った方が良いですが、それをやらないのならせめてお風呂上がりに30秒。

裸のままメタックスローションを1プッシュして片足に。

もう1プッシュを反対の足に。

さらに1プッシュを手の平に広げ、左手で右腕から右肩へ。

右手で左腕から左肩へ。

最後に両手で首筋へと塗って下さい。

30秒だけで良いのであなたの身体に時間をかけてあげて下さい。

メタックスローションならお風呂上がりの短時間でボディケアが実現できます。

 

▶▶ ファイテン公式サイト内メタックスローション

関連記事