ファイテンの商品を実際に購入し、効果を検証!

ファイテンのブレスレットはどんな効果があるのか?

ファイテンには様々な商品がラインナップされていますが、今回はブレスレットにフォーカスしてみました。

ブレスレットということは腕に付けるのですが、ファイテンブレスレットを腕に付けることにより、どのような効果を感じられるのか?

また、どんな人が愛用しているか?

ブレスレットの選び方や注意点などをまとめてみました。

 

ファイテンのブレスレットはどのような効果を感じられるか?

管理人の私、アニマルが使っているのが下の画像のブレスレットです。

腕とブレス

テニスメーカーのプリンス(グローブライド)とファイテンのコラボ商品です。

ファイテンからは他にもたくさんのコラボ商品が出ていますね。(モンハン、ヤマトなど)

このブレスレットをつけると、必要以上に腕に力が入ることが無くなり、楽にラケットを振れるようになりました。

テニスはラケットを強く握れば良いというものではなく、逆に力を抜いた方がスムーズなスウィングができるようになります。

そのスムーズなスウィングを助けてくれるのがファイテンのブレスレットという訳です。

他のラケットスポーツ(卓球、バドミントン、スカッシュ等)にも良い効果を期待できると思います。

そして何と言ってもプロゴルファーの松山英樹選手が、

「これが無いとゴルフにならない!」

と言うほどにファイテンのブレスレットを絶賛していることから、ゴルフをしている方にはぜひ使ってもらいたいと思います。

プロゴルファー松山英樹選手が絶大な信頼を寄せ、愛用しているアイテムです。
2色のシリコーン素材を組み合わせ、シンプルながらも存在感を発揮するデザインが魅力的。ファイテンの独自技術が手元からリラックスとパフォーマンスアップをサポートします。

ファイテン公式サイトより抜粋

▶▶松山英樹選手が使用するブレスレット

また指先を使うような仕事の方にも、腕や指の疲れを軽減させてくれる効果に期待できると思います。

ファイテンショップのお店で聞いてみたら、パソコン作業の仕事の方には使って頂いている方が多いと言っていました。

これは私の所有しているブレスレット2代目DUOタイプです。

 

どんな有名人が愛用しているか?

アイススケートの羽生結弦選手、プロゴルファーの松山英樹選手、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手などの、一流アスリートがファイテンのブレスレットを愛用しています。

それぞれの専用モデルもファイテンから発売されています。

道具を手や腕で使うスポーツ選手に愛用者が多いみたいですね。

 

選び方や、選ぶ際の注意点

現在販売されているRAKUWAブレスは伸縮性があるもの(シリコン製)が多いですが、男性で拳の大きな人は入らない可能性もあるので、購入する前にきちんとサイズを計ることをお勧めします。

RAKUWAブレス クロスタイプは、装着時に激しい動きをすると「クリン」と裏返ることがあります。

簡単に直りますが、使い勝手の良いのは松山選手が使用しているDUOタイプです。

※私が以前使っていたのがこちらのクロスタイプ

2代目

 

※現在使っているのがこちらのDUOタイプ

ラクワブレス画像

 

RAKUWAブレスをお勧めする理由

ファイテンRAKUWAブレスはファイテンテクノロジーによるミクロチタンボールがブレスレット内側に配合されていて、このミクロチタンボールのリラックス効果により余計な力みが取れてスポーツのパフォーマンスUPに期待できます。

松山英樹選手が使うには理由があるんです。

またPC作業やタイピングの仕事、細かい作業が連続する仕事の方にもお勧めですね。

腱鞘炎の予防には最適だと思います。

簡単に言うと、身体の余計な力が抜けてリラックスできるという訳です。

ファイテンのブレスレットは自分の好みに合わせたデザインやコラボ商品が数多くラインナップされているので、ファッション感覚で身につけやすいと思います。

私自身も、ブレスレットについては効果に期待しているのが半分。

もう半分はファッションでつけていると言っても言い過ぎではありません。

しかもブレスレットだけで、これだけのラインナップが充実しているのはファイテンだけだと断言できます。

色んなデザインのブレスレットがラインナップされているので、見ているだけでも楽しいですよ。
▶▶ファイテンのブレスレットを公式サイトで見てみる

関連記事