ランニングファン必見!西谷綾子さんが行っているファイテンを使ったボディケアの方法

テープ・シールタイプ

西谷綾子さんとお会いし、身体のケアの方法やエクササイズについて色々と聞く機会がありました。
しかも西谷さんとの距離は3メートルほどのかなり近い距離。
そこはさすが芸能人、
鼻筋がスッとした美人顔のとても美しい方でした。
しかも笑顔がステキでトークも上手。

西谷綾子さんは「ランナーズ」というランニング雑誌の表紙を務めたこともある現役タレントです。
フルマラソンの自己ベストタイムがなんと3時間1分32秒という、性芸能人の中ではかなり速いタイムの持ち主。
目標は3時間を切ることと言っていました。
西谷さんにとってランニングはもはやライフスタイルの一部となっているのでしょうね。

今回は西谷さんが実際に行っているランニングのボディケアのことや、美しさの秘訣について詳しく聞いてきましたので、ランニングファンの方はぜひ参考にして欲しいと思います。

ランニングで膝を壊してしまった

西谷綾子さんは高橋尚子さんの勧めでランニングを本格的に始めるようになったそうです。
大会のために毎日のようにランニングに取り組む日々でしたが、ほどなくして膝を壊してしまい、走りたくても痛みで走れなくなり、思うようなトレーニングができませんでした。
原因はボディケアをしていなかったことにあったと言います。
ランニング後にストレッチを全くと言っていいほどしていなかったそうで、ケガを機にストレッチとボディケアの重要性に気づいたということです。
やっぱりトレーニングとボディケアは1セットで考えないといけないということですね。

ボディケアをしないとどうなるか?

トレーニングはもちろん仕事や家事でもそうですが、疲労は毎日積み重なっていくものです。
例えばランニングの後シャワーを浴びて、一息ついたら疲れて眠くなって

「あー・・今日はもうストレッチはいいや」

といった具合で、そのまま寝てしまう。
・・ついやってしまいますよね。

しかしボディケアを怠る日が増えると、目に見えない身体の疲れが取れないまま次の日を迎え、どんどん疲労が積み重なっていきます。

その結果、膝に違和感が出たり、筋肉の張りが取れなかったり、全身がだるくなったり、さらに疲労が進むと痛みが出てトレーニングどころではなくなります。
せっかく始めたランニングもケガを境に中断してしまうのは本当にもったいないですよね。

西谷さんは過去の自分の経験からランニングとボディケアはワンセットで考えて欲しいと言っていました。
ただボディケアと言っても、ストレッチってやっぱり面倒くさいもの。
プロ選手じゃあるまいし、ウォームアップに30分、クールダウンにまた30分なんて、普通の人はやらないでしょう。
でも身体のためには本当はやるべきなんですね。
ではもっと簡単に短時間で、しかも効果のあるボディケアの方法があるとすればどうでしょうか?
手間も時間もかからないボディケアの方法を西谷さんが教えてくれました。

ファイテンで簡単に短時間ボディケア?

西谷さんは現在ファイテンと契約をしていて、ふだんのボディケアにファイテンの商品を使用していますが、膝を壊した当時の西谷さんはファイテン商品のことを全く知らなかったそうです。

「え~?これホントに効くの~」
と、怪しんでいたと言っていました。

はじめは勧められるがままファイテンの商品を使い始めたそうですが、使い始めると180度考えが変わり、すぐにファイテン商品を手放せなくなったのだそうです。

一体どんなものを使ったのでしょう?

そんな西谷さん、ファイテンを使うようになってからは次の日に疲れを持ち越さないようになり、膝の故障も改善し、いっぺんにファイテン商品を好きになったそうです。
ファイテンとの出会いがなければ思うようにトレーニングが続けられたかどうか・・・。
今も元気に走り続けられるのはファイテンのおかげだと西谷さんは言っています。

今では月間300~350キロ走ってもケガをしない身体を手に入れた西谷さんも、実は私たちと同じようにケガに苦しんだという経験があったのですね。

西谷綾子流メタックスローションの使い方

突然ですが、人間の頭の重さは5~6キロもあります。
けっこう重い人間の頭です。
しっかり身体の上に頭が乗っているバランスがとれた形であれば問題ありませんが、姿勢が悪く、例えば猫背になったとしたら、首への負担は大きくなることは理解できるでしょう。

日常生活もそうですが、ランニングをする時も、姿勢が悪くなると全身のバランスが崩れます。
バランスが崩れて猫背になると呼吸が浅くなります。
そしてバランスが悪いと骨盤が傾いて足が疲れてきます。
上半身のバランスが悪いと呼吸が苦しくなり、足も疲れやすくなり、当然タイムも伸びないという訳ですね。

逆に上半身のバランスが取れていればどんどん酸素が入ってきて呼吸しやすくなります。
足もよく動くようになり、それほど疲れを感じなくなります。
当然タイムにも期待できますよね。

ランニングはつい下半身に注目してしまいますが、実は上半身のバランスが大きく影響するのだと西谷さんは言います。
首、肩、肩甲骨がバランスをとれている状態が理想。
では上半身のバランスを取るためにはどうすれば良いのでしょうか?
ランナー必見の方法をご紹介します。

メタックスローションで首の可動域が広がる!?

まずは首の可動域をチェック
身体を正面に向けた状態から首だけを左右に向けて、それぞれの見える景色(どの辺りまで見えるか)を確認します。

次にメタックスローションを首全体、肩と鎖骨周辺に塗ります。
塗ったら同じように首を左右に向けて、見える景色を確認。

するとあら不思議!
見える景色が広くなっているではありませんか!?
首のつっぱり感が緩くなって、先ほどより首の可動域が広がっています。

メタックスローションを塗るだけでこんなに首が回るようになるのはちょっとビックリ。
簡単にボディケアができるとはこういうことなんだなと思いましたね。

首、肩が疲れた時のための西谷さん流上半身のエクササイズ

①自分の右手を頭の上に乗せる
②逆の肩をグッと持ち上げ、ストンと落とすようにして首と肩を離していく
③目をつむり、フーっと息を吐きながら首が伸びているのを感じながら長く息を吐く
※左右同じように行う

①両肩の上に自分の手を置く
②そのまま両肘で円を描くようにして動かす(肩甲骨がグリグリと動くように)
③反対にも動かす
※大きく息を吐きながら

①頭の上で両手を合わせる
②肩甲骨を寄せながら(両手を引き下げながら)フーっと息を吐く

どれも短時間でできるエクササイズなので、ちょっとした空き時間に試してみて下さい。
仕事の合間やランニングの前に取り入れたいですね。

このエクササイズはファイテンのメタックスローションを塗って行うと高い効果を実感できるので、より効果を高めたいならメタックスローションを塗ると良いでしょう。
▶▶ファイテン公式サイト内でメタックスローションを見てみる

西谷綾子流メタックステープの貼り方

あなたのバランスが悪い足はどちらでしょうか?
片足を膝の高さに上げて立ってみましょう。
どちらかの足で立った時にグラグラしたり、バランスが取りにくかったりしませんか?
バランスの悪かった足が見つかったら、そちらの足にメタックステープを貼っていきます。

①足首の前
※足首の頂点に貼る(触ると少し窪んでいるところ)

②内くるぶし
※足首のボコッと出ている骨のやや下に貼る

③外くるぶし
※足首のボコッと出ている骨のやや下に貼る

ここまででも十分に効果が出ると思いますが、さらに足の裏にも貼ってみましょう。

④かかと
※足裏のかかと部分に貼る

⑤母指球
※親指の付け根付近に貼る

全て貼ったら同じようにバランスチェックを行いましょう。
テープを貼る前と貼った後のバランス、グラグラしないか、足裏への力を入り具合はどうか?
恐らくほとんどの人が違いを感じると思います。

メタックステープを足首周辺に貼ることにより、ランニングだけでなく立ち仕事の多い方、外回りの営業職の方など、常に足を使う方にはお勧めです。

身体のバランスが悪いと美しい脚のラインが保てないので、脚の形を綺麗に保ちたい女性にもお勧めです。

▶▶ファイテン公式サイト内でメタックステープを見てみる

西谷綾子さんお勧めのファイテンスポーツベルト

ファイテンのランニング向けの商品にスポーツベルトという伸縮性のベルトがあります。
使い方は腰に軽く巻くだけでOKと、とても簡単。

小物を入れるベルトではなく、ランニングのパフォーマンスをアップさせ、ランニングの姿勢を正し、その結果脚の疲労を軽減させるという優れものです。

このベルトをつけた簡単な実験を西谷さんと一緒に行ったのですが、ベルトの効果を実感しましたが、なるほど。
確かにランニングのパフォーマンスはアップしそうだなと思いました。

ファイテンのスポーツベルトで行った実験とは?

まずはベルトを腰に巻きます。
巻く位置はおへそからコブシ1個分ほど下、ちょうど骨盤の位置です。

ベルトはマジックテープになっているので、ウェストの太さは気にしなくても良い作りになっています。
あまりベルトを引っ張らず、本当に軽く巻く程度で十分です。
これで準備は完了。

スポーツベルトでの実験①

ベルトをつけたままその場で軽く身体が浮くくらい素早く足踏みをします。
しばらく足踏みを続けた後、おもむろにマジックテープをバリッと外すと・・・?

あ、足が重い!?

なんと急に足が重くなったのです。
これには驚きました。
私だけでなく、周りの方たちも同じように驚いていましたよ。

スポーツベルトでの実験②

次はスポーツベルトをつけたまま、その場で両足でジャンプを繰り返します。
次に先ほどと同じようにベルトをバリッと外すと・・・?

・・ズン!

急に身体が重くなったのです。
自分の身体ってこんなに重かったんだと改めて思い知らされました。

スポーツベルトを腰に軽く巻くだけなのに、なぜこのような効果があるのでしょうか。
その答えはファイテン独自の金属水溶化技術にありました。

金属を水溶化させ、ベルトの繊維一本一本にその成分を染み込ませたことにより、身体に良い影響が出るとのこと。

良い影響とは身体の生体電気が整うことによって、身体の持つ本来の力が発揮できるようになることなのですが、それがベルトを巻くだけでOKなんて、話を聞いただけでは信じられないでしょう。
しかし私だけでなく、同じ場にいた多くの人たちも実験の結果に驚いていたことから、実際に多くの人に効果があることが分かりました。

スポーツベルトを巻くだけで身体の本来の力が発揮できるようになるなんて、ウソみたいですが自分の身体で体験してしまったので、私には疑いようがありません。

西谷さんはランニングだけでなく、日常生活の中で使って欲しいとも言っていました。
主婦の家事にも。立ち仕事の方にも、ウォーキングにも良いと言っていましたよ。

▶▶ファイテン公式サイト内でスポーツベルトを見てみる

西谷綾子さんのボディケアまとめ

西谷さんが毎日行っているボディケアをまとめると以下のようになります。

  • メタックスローションをお風呂上がりに全身に塗り、次の日に疲れを残さない
  • 走る前には首、肩、デコルテにメタックスローションを塗って首、肩、肩甲骨のストレッチ
  • 足の安定性を高めるためにメタックステープを各所に貼る
  • スポーツベルトをつけてのランで正しい姿勢&パフォーマンスアップ

これからもランニングを楽しく続けるために、できる範囲で西谷さんのボディケア方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。
ご紹介したファイテンのボディケアアイテムは【公式サイト】で詳細をチェックして下さい。↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました